半導体製造装置株はどこまで上昇するか?



今日のポイント

  1. 世界的な半導体ブームが続いている。スマホやIoT機器などが需要を牽引
  2. 半導体ブームの恩恵を受け、半導体製造装置株は既に大きく上昇。ここからは警戒も必要。過去の経験則では、受注がピークアウトするときに株価もピークアウトしている。今後の受注動向をウォッチしていく必要がある

 これら2点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

半導体が世界的なブームに

 今、世界は久々の半導体ブームに沸いている。半導体関連株が米国でも日本でも軒並み大きく上昇している。このブームはいつまで続くのだろうか? 4~5年周期で好不況を繰り返す半導体業界だが、株式市場の盛り上がりから見ると、今回は18年ぶりの大ブームとなっている。

米SOX指数(半導体株価指数)の動き:1996年12月31日~2017年7月18日

米SOX指数(半導体株価指数)の動き:1996年12月31日~2017年7月18日
出所:楽天証券経済研究所が作成

 ITサービスやSNSで動画が本格的に活用される時代を迎え、スマホやデータセンターの記憶媒体として、NAND型フラッシュメモリの需要が急増している。また、自動車用の半導体やIoT関連など幅広い分野で半導体需要が拡大している。

 ところが、半導体業界は、リーマンショックの後、深刻な不況を経験しただけに、近年は新たな設備投資に慎重な姿勢をとり続けていた。そのため、急増する需要に増産が間に合わなくなっている。こうした中、韓国サムスン電子、台湾TSMC、米Intelなどの半導体大手は、いずれも年1兆円規模の設備投資を計画し、増産を急いでいる。

 半導体の中でも、特に記憶媒体で使われるNAND型フラッシュメモリの供給不足は深刻だ。データセンターの記憶媒体として、これまでHDDがメインで使われていたが、今後は、処理速度が格段に速いフラッシュメモリを使うSSDがメインになっていくと考えられている。それが、フラッシュメモリの不足感をさらに強めている。

 次世代メモリとして期待されている3D NAND型フラッシュメモリの歩留まりがなかなか上がらないことも不足を長引かせている要因である。いち早く量産を始めているのは韓国サムスン電子で、東芝や米ウエスタンデジタルなどを大きく引き離している。業界全体で3Dの量産が軌道に乗るのにはまだ、かなり時間がかかりそうだ。

 その恩恵をフルに受けているのが半導体製造装置業界である。日本は、半導体産業では競争力を失い、今の世界的なブームの恩恵を受ける銘柄が少なくなったが、半導体製造装置では世界シェアが高く、ブームの恩恵を受ける銘柄が残っている。

 今期は半導体製造装置株の業績が大きく拡大すると考えられる。それを反映して、過去1年半、主要な半導体製造装置株は大きく上昇している。以下は、推奨銘柄ではないが、主要な半導体製造装置株の株価パフォーマンスを示している。



日本の主要半導体製造装置株と日経平均の株価騰落率比較:2015年末~2017年7月19日

日本の主要半導体製造装置株と日経平均の株価騰落率比較:2015年末~2017年7月19日
注:楽天証券経済研究所が作成

こんな記事も読まれています



コメントを残す