美少女フィギュアを親に見られたらどうして終わりなのか?




部屋に踏み込まれたらゲームオーバーと語った人

 数年前のことです。ちょっとした付き合いで参加した飲み会で、恥ずかしいデータをいかに隠すかというテーマが場を盛り上げたことがありました。大半が初対面の席ですし、普段だったらその他大勢の一人として目立たず楽しそうにしている戦略をとります。しかし、いまみんなの心をひとつにしているのは、ずっと自分が追いかけきたテーマです。絵札とエースと2だけ持って大富豪に参加しているようなもの。このときばかりは前のめりになって、どのネタを投下してやろうかと肉食系男子的なギラついた目になりました(男子しかいませんでしたけど)。

 ところがです。乾杯の音頭をとったりしてなんだかコミュニティーの中心人物でありそうな男性が、これからというタイミングでこうつぶやいたのです。

 「俺、家に美少女フィギュアけっこう飾ってっからさ。パソコンどうこうより、親に踏み込まれた時点で終わりなんだよね」

 皆の熱気が「あー……」の声とともに引いていくのがわかりました。革命。もうどんな強カードを出しても無意味です。気持ちの踏ん切りがつかずにキングの3カードとか出したところで、「誰お前? 空気読めよ」となるのがオチです。

市場価値を提示することは引く気持ちの分散につながる

 帰りの電車で考えました。

 美少女フィギュアを親に見られたら、どうして終わりなんだろうか……?

今週のポイント

まんだらけの生前見積

自分のコレクションが死後も適正に扱われるよう、生前に見積もりを依頼できるサービス。依頼の条件はとくになく、料金は無料。没後に優先的に買い取るといった縛りもない。
https://www.mandarake.co.jp/content/seizen/




この連載の記事

こんな記事も読まれています



コメントを残す