一晩で中国人1万人からフォロー。筑波大生をスターにした「オタクスタンプ」(BUSINESS INSIDER JAPAN)



筑波大学に通う自称「オタク男子」の学生やぷらすさん(仮名、21歳)は7月末のある日、自分のツイッターアカウントの異変に気付いた。5000人だったフォロワー数が突然1万人に増えている。しかもそのほとんどが、中国人のようだ……。

【写真付き全文はこちら】一晩で中国人1万人からフォロー。日本のオタク大学生をスターにした「表情包」とは

フォローしてくれた一人に聞いてみたら、「中国の有名なサイトで、あなたが紹介されている」との返事が返って来た。

そう言われても心当たりがない。さらに尋ねると、「今、中国で爆発的に流行している表情包(ビャオチンバオ)の原作者はあなたでしょう」と言われた。

やぷらすさんは趣味でイラストを描き、ネットに発表している。そのイラストを使った「表情包」が中国の若者の間で大人気だという。しかし表情包って一体何なんだ?

誰でも作れる中国版「スタンプ」

それは、中国最大のメッセージアプリ「微信(WeChat)」で使われる、イラストと文字を組み合わせた作品だった。

見た目はLINEのスタンプとほぼ同じ。驚き、あいさつ、あいづちなど、ユーザーの気持ちを表すために使われる点もLINEと同じ。大きく違うのは、ネットのツールを使えば、好きな画像と言葉を組み合わせてオリジナルの表情包を誰でも簡単に作れることと、ネットやアプリで気に入った表情包を見つけたら、直接ダウンロードして自分の微信に追加できることだ。

表情包が登場したのは結構前だが、この2年ほどで人気が爆発、政府部署やメディアによって2016年の「新語トップ10」に選ばれた。

「担任の先生」から「くまモン」まで

微信の公式ストアからもさまざまな表情包がダウンロードできる。しかし、自作したものの方が圧倒的に流通している。友達同士しか分からないネタで盛り上がれるし、個性も表現できるからだ。

大学3年生の中国人、韓シャオ(ハン・シャオ)さんのアプリには、寮のルームメート3人の寝顔をモチーフにした表情包が入っている。隠し撮りした先生の写真に口癖を添えた表情包は、クラスのトークルームで頻繁に使われる。これらは、狭いコミュニティーで友情を示すツールになっている。

一方、全国的に人気を集めるものもある。日本のキャラクター「くまモン」が中国で有名になったのも、表情包がきっかけだとされている。中国のミニブログ微博(Weibo)には、くまモンの表情包をダウンロードできるアカウントが複数あり、いずれも人気を集めている。

【関連記事】

こんな記事も読まれています



コメントを残す