インスタグラマー「自動フォロー業者」が告白する“グロースハック”の実態(BUSINESS INSIDER JAPAN)



YouTuberが中高生の「なりたい職業」の第3位(ソニー生命調べ、4月発表)になったように、インフルエンサーに憧れる人は世代を問わず多い。インスタグラマーもそうした憧れの存在になりつつある。

【写真付き全文はこちら】インスタグラマー「自動フォロー業者」が告白する“グロースハック”の実態

インスタグラマーになるため、インスタグラムのフォロワーを増やしたい。そう思った時、横行する「フォロワーを買う」サービスを利用するのは、どんな人でも気がひけるはずだ。

もっと自然にフォロワーを増やすには? そんなニーズに答えるツールとして、「自動集客ツール」というものもある。ユーザーと相性の良いアカウントを自動でフォローし、フォロー返しを狙うサービスだ。 フォロワーを買うほど露骨ではない、集客ツールのビジネスの実態を、業者の男性がBusiness Insiderの取材に明かした。

自動集客ツールの仕組みは実にクレバーだ。「ハッシュタグ(#)」やフォローしているアカウントなどから相性の良いアカウントを自動でフォローし、フォローされる「フォローバック」を仕掛ける。ツールを使っても、自動フォローした相手からフォローされるかどうかは、投稿の腕前次第になる。 フォロワーを買うわけではなく、ユーザーの努力も試され、法人の利用も多いという。

連日100件を自動フォロー

取材に応じた業者の男性は、自身のインスタアカウントを使って、サービスの概要を説明してくれた。

男性は、自社のサービスを試すため、専用のアカウントを立ち上げた。連日、親和性の高いアカウントを100件ずつフォローした。グルメの写真を掲載し、当初の0フォロワーから1万以上のフォロワー数まで成長した。

男性は、フォロワー数の増減を示すグラフを示しながら、 一緒に食事に行くような「リアルなつながりもできた」と手応えを話した。

ちなみに、もし、自動でフォローをした先から24時間経っても、反応がなければ、フォローを取りやめる。「ユーザーのフォロワー数とフォロー数のバランスが大事だから」と男性は言う。

【関連記事】

こんな記事も読まれています



コメントを残す