CESで自動運転車を初体験 ー とても退屈で、素晴らしい体験だった(BUSINESS INSIDER JAPAN)



ラスベガスで開催中のCESで、完全自動運転タクシーに乗った。

ちょっと怖かったが、まさに未来の体験だった。ちなみに、自動運転車に乗ったのは初めて。

CESで自動運転車を初体験 ー とても退屈で、素晴らしい体験だった【全写真つき記事はこちらから読めます】

この自動運転タクシーは、CES期間中に自動運転車技術を持つAptivと配車サービスLyftが協力して運行しているもの。

1月10日(現地時間)、同僚と私は自動運転タクシーに乗るために、CESの会場であるラスベガス・コンベンション・センター(LVCC)近くの駐車場に向かった。今回の取り組みでは、Aptivが車両と自動運転技術を提供、Lyftが実際の運行を担当している。

我々はラスベガスのドライブを楽しんだ。だが今のところ、CESで体験した中で最もスリリング“ではない”体験だった。でも素晴らしかった。

AptivはLyftが提携している7社のうちの1社。

Lyftの自動運転プラットフォームのプロダクトリーダー、ジョディ・ケルマン(Jody Kelman)氏は同社の手法を「プラグ・アンド・プレイ」と語った。Aptiv、ウェイモ(Waymo)、ジャガー・ランドローバーなどが車両を提供し、自動運転車によるライドシェアサービスなどにLyftのオープンプラットフォームを使用する。

Aptivの車両の最も巧妙な点は、LIDARと呼ばれるセンサーの搭載方法。

同社は、他の多くの会社のようにルーフの上にセンサーを載せたりせず、上手く搭載している。矢印が車両に取り付けられたLIDAR。

一見、自動運転車とは分からない。後部のバンパーに自動運転車と書いてあるが。

Lyftのアプリで自動運転タクシーを呼んだ。

数秒で手配が完了。

車両はBMWの5シリーズセダン。真っ赤なホイールがカッコいい。

車内には、前席シートの間にディスプレイがあった。出発する時は、「Start ride.」と書かれたピンクのボタンを押す。

各車にはドライバーが搭乗。助手席には、自動運転の説明員が乗っていた。ドライバーは万一に備えて道路の状況を注視、会話は許されていない。ケルマン氏が助手席に座り、説明してくれた。

ホテルの敷地内からスタート、ここはマニュアルモードで進んだ。

だが公道に出るとすぐ、システムが自動運転に切り替わった。ハンドルから手を離している!

自動運転中の動画。
(動画はこちら:https://gfycat.com/BoilingOddballFreshwatereel)

ディスプレイには自動運転の状況が表示され、マニュアルモードなのか自動運転モードなのかをチェックできる。乗車中、ドライバーがハンドルを握ったのは一度だけ。建設現場近くの複雑なカーブを通る時だけだった。

スタートした時、道路は空いていた。自動運転システムは人間のドライバーよりも少し慎重。だから信号が黄色だと大体、止まった。

一度、交差点で止まっていた時、横断歩道に人がいることを検知し、信号が青に変わっても動き出さないことがあった。

道が混んできた。人間のドライバーと同じように少しずつ進んだ。だが、人間のドライバーと違う点が1つあった。合流で2台、先に行かせたのだ。

最初から最後まで、乗車はとても平凡だった。ケルマン氏は前日乗った人は寝ていたと語った。

テクノロジーが違和感なく我々の生活に浸透した時、それはとても上手く機能している。自動運転車に乗って、そう感じた。自動運転モードに切り替わった後も、これまでに乗ったLyftの配車サービスと同じように感じた。

シーザーズ・パレスまでドライブして戻ってきたが、100%快適だった。実際、最もエキサイティングだったのはドライブの最後、車の多い通りで完璧にUターンした時だった。

それ以外は、ほとんど退屈。だが他の選択肢と比較すると、退屈さは実際にはとても素晴らしいことだ。

[原文:I took my first ride in a self-driving car, thanks to Lyft ー and it was actually pretty boring, but in a good way]

(翻訳/編集:増田隆幸)



こんな記事も読まれています



コメントを残す