「Windows 10 S」搭載端末、HPの275ドルのモデルなどが年内発売へ

ニュース

» 2017年09月26日 08時49分 公開



軽量版Windows「Windows 10 S」搭載の企業向けノートPCがHP、Lenovo、Acer、富士通などから発売される。まずは10月にHPが「Stream 14 Pro」を275ドルで発売する。


[佐藤由紀子,ITmedia]


 米Microsoftは9月25日(現地時間)、企業向けイベント「Ignite」で、OEMパートナーのHP、Lenovo、Acer、富士通から「Windows 10 S」端末が発売されると発表した。

 同日発表した「Microsoft 365」の新プラン「Microsoft 365 F1」向けとしている。

 win 1

 まずHPが10月に14インチの「Stream 14 Pro」を発売する。価格は275ドル(約3万円)から。

 win 2
HP Stream 14 Pro(画像はWindows 10搭載モデル)

 Windows 10 Sは、軽量版「Windows 10」という位置づけ。特徴の1つはログインから起動までが速いことで、安全性を重視するため「Windows Store」の「UWP(Universal Windows Platform)」しかインストールできない。

 企業向けのWinidows 10 S搭載端末は、Microsoftが「Firstline Workers」と定義する、カスターマーサービスやサポート業務など、企業と顧客の接点となる業務に従事する従業員向けとなっている。

 「Microsoft 365」を利用する企業は、将来のアップデートでWindows 10 S端末で「Credential Guard」や「Application Guard」などのWindows 10 Enterpriseの機能を使えるようになる。

 10月17日に予定されている「Fall Creators Update」では、端末で使える機能を限定する「Windows Assigned Access」の設定が簡易化する見込みだ。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

‘; html += ”; // html += ”; html += ‘

‘; e_dlv.innerHTML = html; cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([ ‘insertAdSpace’, { adSpaceId:’0000000163d46a3f’, width:500, height:300, initialHorizontalAdUnits:1, initialVerticalAdUnits:1, resizeToContentSize:true, renderTemplateUrl:’//cdn.cxpublic.com/20170830inread.html’ } ]); }; var insert_ok = function(_target){ e_body.insertBefore(e_dlv,_target); set_dlv(); }; var insert_ng = function(){ e_dlv.style.display = ‘none’; }; var main = function(){ var e_nodes = e_body.childNodes; // 直下要素 var e_tags = []; var p_num = []; var p_target_num; var p_plus = 0; var flag_insert = 0; for(var i = 0; i = threshold){ p_target_num = Math.floor(p_num.length / 2) – 1; p_plus = p_target_num; for(var i = p_num[p_target_num]; i

こんな記事も読まれています

コメントを残す