Googleのオープンソースを俯瞰できるWebサイト「opensource.google.com」



「Go」や「Tensorflow」など、多数のオープンソースプロジェクトを持つGoogleが、Googleのオープンソースの取り組みをまとめた新しいWebサイトを開設した。コードだけでなく、コミュニティの運営方法を説明する文書なども読める。

 米Googleは3月28日(現地時間)、同社のオープンソースに関する取り組みをまとめたWebサイト「opensource.google.com」を開設したと発表した。「われわれがオープンソースをどう使い、リリースし、サポートしているかの情報」をまとめたものという。

 open source 1


 同社がオープンソースで公開しているプログラムや支援している関連団体、プロジェクトへのリンクに加え、Googleが社内でどのようにオープンソースに取り組んでいるかを紹介するドキュメントも公開している。

 open source 2
プロジェクトをカテゴリ別で検索できる


 ドキュメントは従業員が実際に参照しているものから社外に出せない部分を削除したものという。そのため、社内でしか通じないような用語についてのグロッサリーもついている。オープンソースプロジェクトの立ち上げ方やコミュニティ運営の方法などが具体的に説明されている。

 公式ブログを書いた同社のエンジニア、ウィル・ノリス氏は「われわれのオープンソースへのアプローチが誰にとっても最善だとは思わない──オープンソースには様々な方法がある──ので、公開した文書はハウツーガイドとして読むようなものではない。人のソースコードを読むことが別の問題解決方法を学ぶのに役立つのと同様に、われわれがGoogleでやっていることを見て、役立ててくれることを望む」と語った。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

こんな記事も読まれています





コメントを残す