実写版「攻殻機動隊」、少佐が乗るバイクは“ホンダ製”



 本田技研工業(ホンダ)は3月17日、同社の大型二輪車「NM4」を、ハリウッド映画「GHOST IN THE SHELL」(日本では4月7日公開)で主人公の少佐が乗り込むバイクのベースとして提供したと発表した。「劇中で描かれる近未来の世界をより魅力的でリアリティーあるものにした」という。

photo


 同映画は、士郎正宗さんのSF漫画「攻殻機動隊」が原作。近未来を舞台に、脳以外の全身を機械のパーツで「義体化」した主人公をスカーレット・ヨハンソンさんが演じる。

 NM4は、ホンダが近未来などをテーマに開発し、2014年に発売した大型二輪車。そうしたコンセプトやスタイリングが映画の世界観と合致し、車両提供が実現したという。ホンダは車両自体の提供にとどまらず、車両の新しいデザインスケッチも提供し、映画制作スタッフがスケッチを基に車両を改造したという。

photo


photo


 劇中に登場するNM4をベースにしたバイクは、「第33回大阪モーターサイクルショー2017」(インテックス大阪、3月18日〜20日)、「第44回東京モーターサイクルショー」(東京ビッグサイト、3月24〜26日)で展示される予定。

photo


(C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.




Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

こんな記事も読まれています



コメントを残す