JASRAC、結婚式ビデオ制作会社を初提訴 「長期にわたり楽曲無断複製」と

 日本音楽著作権協会(JASRAC)は3月9日、管理楽曲を長期にわたって大量に無断複製したとして、結婚式用ビデオ制作企業のビデオソニック(さいたま市)を相手取り、同社が制作するブライダルコンテンツの使用禁止と損害賠償を請求する訴訟を東京地裁に提起したと発表した。

 ブライダル映像制作会社に対する提訴は初という。

画像
JASRACのニュースリリースより


 ビデオソニックは、結婚式で上映する新郎新婦のプロフィールビデオや式の記録ビデオなどを制作する企業。JASRACによると同社は、全国20カ所に営業所を置き、年間9000を超えるブライダルコンテンツの製作委託を婚礼施設から受けているという。

 同社は新郎新婦から制作対価を受け取り、JASRACから許諾を得る必要があることを認識しているにも関わらず、長期にわたり大規模な無断複製行為を行っている――とJASRACは指摘。同業他社の多くはJASRACと契約し、使用料を支払っているが、同社はJASRACの請求に応じなかったためやむを得ず提訴したという。

 著作権法では、著作物を私的に利用する場合は著作者の許諾を得る必要がないと定めている。JASRACは、結婚式が私的なものであっても、ブライダルコンテンツ制作企業は営利目的であり、「私的使用のための複製には該当しない」と指摘。使用料を支払う必要があるとしている。

画像
ビデオソニックのコメント(同社公式サイトより)


 提訴を受け、ビデオソニックは公式サイトでコメントを発表。「JASRACとは昨年から協議し、見解と伝えてきたが、一方的に提訴されたことは極めて遺憾。訴状を受領していないため詳細についてコメントできないが、ブライダル映像における価値感の主張を尽くす」としている。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

こんな記事も読まれています

コメントを残す