【解説動画で社内改革】「チェンジマネジメント」成功の秘訣とは? – AdverTimes(アドタイ)

テクノロジーの進化は日々加速する一方です! 今日の手作業が、明日にはデジタル化され、自動で処理されていくようなことは珍しくありません。めまぐるしい変化に対応するため、企業には組織変革の管理、つまり「チェンジマネジメント」が必要です。しかし、そこには大きな障害が…。01

ハーバード大学のジョン・P・コッター教授は、研究論文の中で「変革の約70%が失敗する」と述べています。根本的な原因の多くは、なんと従業員による反対。独企業コンサルタント連邦協会(BDU)によると、ドイツでは約70%の従業員がチェンジマネジメントを嫌がるという調査結果が出ているそうです。

重要なのはスタッフとの「コミュニケーション」

なぜ、従業員は反対するのか? それは「何のために変革するのか」を理解していないから。変革の意義やプロセスを事前にわかりやすく伝えられれば、経営に対する疑念をなくし、誤解から生じる反発を軽減することができます。

02

しかしながら、会社の変革というのは、理由も内容も複雑なもの。だからこそ、できる限り簡潔に、誰でも理解できるように説明する必要があります。

そこで役立つのが、解説動画です。simpleshowの解説動画はたった3分間で、複雑な改革の理由やプロセスも、わかりやすく、かつ親しみやすく説明します。

スタッフが抱える不安を解説動画で払拭

さらに、解説動画は、経営者と従業員のよりよい信頼関係も構築します。simpleshowの解説動画には、視聴者と同じように悩みと課題を抱えた主人公が登場しますが、これが「皆さんの悩みを理解していますよ」という会社からのメッセージになるのです。例えば「チェンジマネジメント」の場合、「会社側は従業員の懸念を十分に認識している」と伝えることができます。

経営陣だけが知っていて従業員は知らない、という状況は、社内に不穏な空気を漂わせます。例えば構造改革をする場合、経営陣が「人員削減はない」とわかっていても、従業員は「リストラされるかも…」と不安に感じているかもしれません。したがって、起こらないことを主人公に対してきちんと伝えます。その結果、「会社側は従業員の懸念を十分に認識している」と信頼して貰えるように。

部署や段階に合わせて最適な解説動画を

内容によっては、部署ごとに必要な情報が異なる場合もあります。そんな時は、各部署の社員に合わせて解説動画を作ればよいのです。貴重な業務時間を削って、長く退屈な説明会を行うのではなく、最も重要な点だけを3分の動画で伝えましょう。

どのように変革をしていくのか、段階ごとに動画を作り、シリーズ展開する方法もあります。実は、この方法はsimpleshowで実証済み。急速な成長時期が過ぎた頃、simpleshowでも、いくつかの変革を行う必要がありました。不安を抱く社員もいましたが、解説動画で変革の必要性を説明して解消! 変革へのあらゆる面で、社員の理解が得られたのです。

変革のスタートからゴールまで一致団結!

変革の意義やプロセスを説明することは、「チェンジマネジメント」の入口にすぎません。しかし、やみくもに反対される中で始めるのか、全社員がゴールを理解したうえで、一致団結して進めていくのかでは、変革の成果が大きく変わります。

03

初めから順調に進めるのは難しいでしょう。それでも社員の理解を得る努力をすれば、「チェンジマネジメント」は成功すること間違いなしです。

simpleshowの解説動画が、スムーズな「チェンジマネジメント」をお手伝いいたします!


「simpleshow」とは?
simpleshowは、2008年にドイツで創業した動画制作のグローバル・カンパニー。“世界のすべてをシンプルに”をコンセプトに、独自で開発した解説の手法を用いて、クライアントの複雑なサービスや情報を、わかりやすく伝える動画を企画制作しています。
複雑な内容を理解させる解説動画イメージ



◎simpleshowのWebサイトはこちら。
お問い合わせもお気軽にどうぞ!

広告

こんな記事も読まれています

コメントを残す