1.4億人のデータ流出か 米国



 米個人情報機関最大手のEquifaxは9月7日(現地時間)、サービスへの不正アクセスがあり、約1億4300万人の米国顧客の個人情報がその影響を受けたと発表した。氏名、社会保障番号、生年月日、住所、免許証番号が流出した可能性がある。また、20万9000人のクレジットカード番号もアクセスされたとしている。(ITmedia NEWS)

[続きを読む]



こんな記事も読まれています



コメントを残す