CG女子高生 満面の笑顔苦手

 2015年に発表され、実写と見分けがつかないリアルさで話題を呼んだ、CG女子高生「Saya」。講談社主催のオーディション「ミスiD」で、セミファイナリストに入り、さらに注目を集めています。「TELYUKA」の名前で、夫婦で制作してきたCGアーティスト・石川友香さんに舞台裏を聞くと、どうしても表現できなかった「ある表情」があったことを教えてくれました。(朝日新聞デジタル編集部・信原 一貴)(withnews)

[続きを読む]

こんな記事も読まれています

コメントを残す