ツイッターCEO 自浄に意欲



 短文投稿サイト「ツイッター」創業者の一人で、米国から来日しているジャック・ドーシーCEO=最高経営責任者=(40)が14日、日本法人のツイッタージャパン(東京都中央区)で、毎日新聞の単独インタビューに応じた。神奈川県座間市で男女9人の遺体が見つかった事件で、容疑者がツイッターを使い、自殺をほのめかしていた被害者と接触したことに触れ、「もっとも重要なことはツイッターをより安全にし、悪用の可能性を排除すること。我々にできることはもっとある」と述べ、改善する意向を示した。【和田浩明/外信部、大村健一/統合デジタル取材センター】(毎日新聞)

[続きを読む]



こんな記事も読まれています



コメントを残す