スマホの速度制限、かかったことある? →ギガ不足、7人に1人が毎月対象。YouTubeなど動画はWiFiで節約、8割超 – Engadget 日本版



MMD研究所は、ドコモ、au、ソフトバンクのスマートフォンユーザーの通信利用調査レポートの中で、14.6 %がほぼ毎月、通信速度制限にかかっている状況と報告しました。調査によると、通信速度制限にかかったことのあるユーザーは86.6%。多くのユーザーが通信速度制限の経験者という結果です。

なお内訳は、ほぼ毎月速度制限がかかっているユーザーは14.6%、2〜3カ月に1度が20.3%、4〜5カ月に1度が11.0%、半年に1度が9.5%、半年より頻度が少ないユーザーが31.3%となっています。

また、通信制限がかからないようガマンや節約しているユーザーは66.2%。ガマンや節約をしていないユーザー33.8%を上回っています。節約志向は毎月利用できるデータ通信量によって傾向が顕著で、毎月1〜3GB使えるユーザー(低容量)は普段から節約しており、5〜8GBのユーザー(中容量)が時折節約しています。毎月10〜30GBは使えるユーザー(大容量)は節約しないユーザーが多くなりました。

データ通信の節約方法は、WiFiのない場所で動画を見ないようにするという回答が多くなりました。こうした結果を反映してか、節約しているユーザーに節約の必要がなくなった場合の利用意向を聞くと、外出中でもYouTubeなどを見るとの回答が支持を集めました。

なお調査は、9月1日〜4日にかけて、15〜59歳の大手3キャリアのスマートフォン利用者(男女)1861人を対象に実施されたもの。



こんな記事も読まれています



コメントを残す